イポー散策 (旅行記4)

まずは、皆さんメリークリスマス!
素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか。

我が家は、ダンナ殿が遅番で一人でお弁当を食べる予定。
ま・・・そんなもんですわ。

さて、旅行記の前にクリスマスらしい話題でも♪
まずは、私から鳥たちへのプレゼント!!

クリスマスプレゼントを通販で購入しました♪

_FSZ0613

今回の換羽でボロボロになってしまった葵。
私が引越で疲れていて、副食が良い加減になってしまったので
ボロボロになってしまったのでしょう。

あまり精神的な疲れが回復していないので、また春の換羽でボロボロになるのは
避けたいので色々な栄養素が入ってるフードを注文。

鳥たちが大好きな、ペレットベリーもあったのでGet。
本当はニュートリーベリーが良かったのですが、ペレットの栄養に頼りたくてこれにしました(笑)

_FSZ0614

今回のメインは、色々なドライフードが入っていて、お湯or水でふやかして与える物。
以前、ブログに来てくださる方が試供品で戴いたというお話だったので我が家もGet。
葵には、あまり好評でなく。
ヨウに、大好評。ばくばく大喜びで食べてくれます。
ま・・・良いか。

_FSZ0617

こんな感じですね。ふやかした状態ですと。

そして、昨日到着したのはこれ!
コミドリ飼いさんから、いただいたカエルちゃん達。

恐がりの葵が、なぜか両方怖く無い模様。
ありがとうございましたm(_ _)m

_FSZ0618

そんなこんなで、サンタさん改め。
宅配業者さんも大忙しかと。

我が家の葵も一生懸命お手伝いしている様です。

DSC_0004

葵君頑張ってね♪

DSC_0005

あああ・・・横転させちゃダメですよ。

DSC_0007

ということで、皆様良い夜をお過ごしください。

旅行記に戻りますね(笑)
前回の続きからどうぞ!



移動中の食堂車で何か食べる予定だったのが、人の目が怖くて食べられなかった為。
既に、2時過ぎてますが・・・お昼抜き(笑)

何か食べようか?と話しをしていたのですが。
ホテルの1階にある食堂が、近所で有名な老舗食堂とのことでして。
手短にそこで食べようか。と、部屋を出る事にしました。

ホテルの周辺は・・・物凄い混み合っているし、車の路駐も多くて。
全く撮影してなくて、お店の外見写真が無くてすみません。

マレーシアの食堂の使い方が、いまいち分からないので突撃する事にしました。
だって、見ても全然分からないのです。

日本で言うと、フードコートみたいになっていまして。
小さいお店(屋台?)みたいなのが外周にぐるーっとあります。

_FSZ0310

最初は本当に分からなくて、あたふたしました。

理由はマレーシアの食堂のハウツーのせいなのです。

席は自由。
取りあえず確保して、好きな店舗で商品を注文。
席に座っていると、出来上がると持ってきてくれます。

持って来てくれた時に、その場で現金精算。
ただし、食べ物の料金が書いて有る可能性は低い。
メニューもほぼ無し。
その場に行って、これ何?と聞くか看板にあるメニューを見て注文します。
ただし、マレーシア語だったり、中国語で英語表記はほぼ無いです。

そんなフードコートは、場所を各屋台に貸している地主?が居る模様でして。
どこか周囲が見渡せる所でふんぞり返ってお金を数えていたりします。
ほとんど華僑みたいです、中華系でツンケンしてます。
(飽くまで、勝手な妄想ですけれどね^^;)

客からも座席チャージとして必ず、1杯飲み物を買わせるというシステムの模様。
そのシステムが分からなくて、飲み物は要らないと言うと。
物凄い顔で、何か飲む様に命令されます。

注文しても「あそっ、じゃあ●RM!」って投げやりに金額を言い。
仏頂面で、手をバン!と
出して来ます。気分悪!!

しかも、飲み物はほとんど劇甘の飲み物ばかり。
食べ物食べるのに、甘い物なんて飲めるか!!と思うのですが。
甘く無いと言われたレモンティーもほんのり甘い始末。

驚く事に、飲み物がこれまた高くて。
飲み物に関しては、メニューが有る事が多いのですが。
定食メニューと同じくらいの価格がします。完全にテーブルチャージ代金ですね。
外からの食べ物及び、持ち物の持ち込み禁止!の表示がしてあります。

なんか、居心地の悪い空間です。マレーシアの食堂、一発で嫌いになってしまいました。
でもでも、観光客用の高い店は行くのは嫌だし。
今回の旅行の間、このツンケン中華系の主と顔を合わせる事になります。
食事まずくなるわ、マジで!

ただ、唯一イポーでは席チャージ料だけは無い所が多く。
嫌な思いをせず、オーダーシステムにあたふたしながら食事レベルで済みました。
イポー良かったわぁ~。と・・・この旅行の後に、言いつづける事になります(爆)

さて、能書きが長くなりましたが。
まずは食べてみたかった、鳥飯を頼む事に。

ただ、全部中国語表示で分からないんですよね。
多分、鳥飯だろう、という感じの所で。
「スチームライス」「チキン」と単語で意思の疎通をして注文。
焼いてあるチキンと、蒸してあるチキンどっち?と聞かれた様なので
指さして蒸し鶏を注文。

まだこのときは、全く分からなくて。
「幾らですか?」聞いたのですが。
英語が分からないらしく、首を振られちゃったのでお金を適当に渡そうとしたら
「後で」とだけ英語で言われたので席に戻る事に。

身振り手振りでも、にこやかな若いお兄ちゃんと楽しくやりとり
出来て良い気分で席に座り待つ事数分。

_FSZ0307

出てきた!出てきた!鳥・・・飯?ん???
まあ、別々に盛って有るけど同じものでしょう。

_FSZ0312

なぜか、スープは一つの入れ物にバーンって出てきて苦笑い。
まあ、訳分かりませんが良いでしょう。

醤油系のソースが掛かっており。
自分で、付いてきたディップの唐辛子を付けていただきます。
ディップを甘く見ていたダンナが、一口舐めて
「うげぇえええ!!!かっらー!!」大騒ぎしたくらいですから。

お味は、中華系なのかな。
謎だけど、正直言って美味しい。
なんか、気抜けした感じがするのは・・・きっとスパイスが全然効いてないから。
あと、カンボジアやネパールや台湾みたいにパクチーらしき物体が入ってない。
中華系の五香粉らしき、独特な香りも無し。

言うなれば、醤油に少し味醂と酢を加えて、葱入れて混ぜたソースを
蒸した鳥肉に掛けてあるだけ。という感じ。
日本人が喜びそうな・・・素材と調理は良いらしく、美味しいですよ。
お腹空いていたので、無言で食べきってしまいました。

アジアに旅行したときは、スパイスの利きっぷりが楽しみな一つなのですが。
あれ?マレーシアって、スパイス使わないお土地柄なのかしら。って感じ。

ちなみ、この鳥。
カットしている時の写真を見ると分かりますが、骨付きです。
骨ごとぶち切っているんですね。

東南アジアや、南アジア圏は、骨が付いているのがベースなので。
日本人みたいに、骨が無いのが当たり前で過ごしていると
いきなり齧り付いて口の中を骨で切ったり。
ガリッと骨を噛んでしまい、歯を痛めたりしますが気をつけないとです。

この後、ちょっと足りなかったので。
鳥飯の隣りにある、米麺の鳥肉乗せ(ベトナムフォーみたいな)に行ったら。
売り切れですと言われて、ガッカリ。
このお店の方は、普通に英語出来ました。

まあ、そこそこお腹いっぱいになったので。
少しかっ歩しつつ、イポーの名物「ホワイトコーヒー」のお店を探す事に。

ホワイトコーヒーというのは、一般的にミルク入りのコーヒーの名称ですが。
イポーのホワイトコーヒーは違いまして。

ウィキピディアを転記しますと下記の通り。

このコーヒー飲料は19世紀に中国海南島から現地に移り住んだ華僑の人達が作られたものである。コーヒー豆を少量のマーガリンかパーム油を加えて、焙煎したものであり、海南コーヒーなどに見られる砂糖を加えて焙煎した豆よりも色が浅いので「白咖啡」(白コーヒー)と呼ばれた。

香りが高く、味が濃厚でありながら、苦みが少ないので、現地の人々に長年愛され続けてきた。現地のレストランやコピティアムなどと呼ばれる喫茶店では砂糖の代わりに加糖練乳を加えて淹れるのが一般的であり、この点ではベトナムコーヒーと共通する。

近年マレーシアでは、1958年にイポーで創業したオールドタウン・ホワイトコーヒー(Old Town White Coffee)など、このコーヒーを売りにしたレストラン喫茶店チェーンが海外大手カフェチェーンに匹敵するぐらい各地に広がった。マレーシアだけでなくシンガポール、ブルネイ、上海、香港、台湾、オーストラリア、イギリスやアメリカにも出店された。2010年上海国際博覧会のマレーシア館でも公式飲料の1つとして出展された。クアラルンプール国際空港の構内にも店がある。

*********************************

と言う事です♪

豆そのものが、浅煎りなのでめっちゃ酸っぱいのです。
それに、甘さがガッツリ入って。
ミルク感たっぷりというコーヒーです。

正直、普段はブラックコーヒーか、ラテ系しか飲まず。
ノンシュガーな上に、中深煎り~深煎りしか飲まないので口に合うか心配ですが。
暑い地方に行きますと、なぜか甘いドリンクが美味しいのです。

砂糖は体を冷やしますから、理に適っているのでしょうね。
実際、沖縄のコーヒーも食堂など庶民的な所だと恐ろしく甘いです。
最初から、これでもか!ってほど甘くしてあるんですね(^^;
そういえば、ブラジルもそうみたいですね。

以前、シェムリアップでベトナムコーヒーと同じ練乳が底に沈んでいるコーヒーを
飲み気に入っていますから今回も期待大です!

イポーには、沢山の喫茶兼・食堂があり。
どこでもホワイトコーヒーが飲めるらしいですが。

元祖は有名なホワイトコーヒーのチェーン店の本店ではなく。
そこの筋向かいのお店らしいです。
観光サイトでは、ホワイトコーヒーのチェーン店が元祖みたいに歌っていますが。
実際に、最初に提供したのは別のお店らしいですよ♪

でも、結構ホテルから遠いので近所を散策しつつ適当なお店でお茶と洒落込みました。
実は事前情報がありまして、高知大学のお祭りの時にマレーシア出身の学生さんとお話して
夕方4時くらいから1時間くらいスコールが来るから気をつけてね。
傘なんて意味がないくらい降るから、その時はカフェでのんびりすると良いよ。

なんて言われていたのです。

手元の時計を見ると、既に2時半を回っています。
ということは、遠出をするとスコールでびしょ濡れになるという悲劇に遭いそう。

イポーのホテルの周囲500m程度を歩いたのですが。
何せ暑い!

_FSZ0283

古い街並みに、ポツポツとお洒落なお店があるのですが。
観光地です!って感じで、雰囲が良い・・・日本で言えば飛騨高山とか。
木曽馬籠宿みたいな感じで、何がある訳でなくて歩いて雰囲気を楽しむ所らしい。

なんか、つまらないかも。
と、ディープアジアが好みの我が家はこれまた「今回は外したかな」とため息。
嗚呼、ツボらないよ~!!
こういうのがお好きな方も多いと思うので、好みですねぇ(笑)

_FSZ0284

こういう雰囲気はいいのですけれどね。

_FSZ0286

なぜか、セコム見つけて笑ってみたり。
あれ?セコムって・・・日本企業じゃなかったのかな(^^;

一周したら飽きちゃった(爆笑)
「これって、どうよ?」
と言うダンナに、返答しようが無い。

美味しいと有名な食堂は、ほとんどイポーはニュータウンにあるらしい。

ここで、また説明が必要なのですが。
イポーって川を挟んで、ニュータウンと、オールドタウンがあるのです。
ニュータウンが、今の経済の中心。
オールドタウンは、その昔。
イポーが錫の採掘で栄えた頃に、中華系の為の愛人街(赤線)みたいな物があった場所とか。
だから、不思議な雰囲気のある街並みなんだと思います。ハイ。
しかし、若い世代には赤線って言っても分からなかったりして(^^;

だから、夕飯はニュータウンに行こうね。
と、話しつつ・・・ホテルに戻る前に。
ホテルの目の前にある食堂兼カフェに入る事に。

入って、ホワイトコーヒーが欲しい旨を伝えるけれど。
あれ?いまいち通じ無い(><)

ど、どうしよう!!!
と、困っていたら「日本人よね?」と聞かれたので「Yes」といったら・・・。
ニコニコ素敵な笑顔の40代後半の女性が出てきた。

すると、流暢とは言えないものの。
綺麗な日本語で
「コーヒーですか、甘いので良い?ミルク入りとミルク無しありますよ」
と、おぉおおおお~!!助かった。

安心しつつ、ホワイトコーヒーが飲みたいというと「じゃあミルク入り」ですね。
とのこと。
この辺りではコーヒーはコピと言うらしい。

なるほど、英語発音が通じ無い訳だわ。
コピと、コピ0とあるんですよ。
聞いたら、ミルク無しがコピ0なんだと。

あ、ちなみに普通に砂糖はガッツリ入ってます。
ブラックコーヒーという選択肢は無い模様。

座って、待っていたのですが。
結構時間がかかり、かなり期待していた所に噂のホワイトコーヒー到着。
見た目は、泡だった表面を見るとカフェオーレでなく、カプチーノです。

色は、ホワイトコーヒーという名前らしく。
淡いミルク色に染まった、コーヒー。

しかも、香りがクッキーみたいに甘~い。
(暗くて絞りすぎて妙な写真になったので、
 アイスホワイトコーヒーの写真です)

_FSZ0319

一口飲むと、甘さと同時くらいに酸味が突き抜けてくる。
そして、ミルク感に変わって行くという。
不思議なコーヒーです。

酸味のあるコーヒー嫌いなんですが、この酸味は癖になるわ。
というか、美味しい!!!

私の分1杯しか頼まなかったのですが(ダンナが甘いの嫌というので)
結局2人で1杯ずつということで、追加でホットコーヒーを注文。

マッタリしていたら、え!?
あ・・・ぎゃあああああ。

雷の合図で、一気に土砂降り~!!!

_FSZ0320

超短い動画ですが、こんな感じでした。
1番酷い時でなく、そこそこ雨が落ち着いて来た頃です。
(今回は、動画を撮ると嫌がられるお土地柄だったので良い動画が無いです)

目の前がホテルなのに・・・外に出られな~い(爆笑)

_FSZ0353

手持ちぶさたで、なぜかカフェで売っているカットフルーツを買う私。
私の大好きな、レンブですね。

東南アジアだと、レンブを頼むとなぜか砂糖と塩を混ぜて。
スパイスを軽く入れたような粉を掛けてくれます。
「掛けますか?」と丁寧に聞いて下さったのですが、私は好きなので掛けて貰いました。

_FSZ0314

うん、レンブ旨い!
ということは、ここの果物はどれを食べても良さそうですね。
昨日のジャックフルーツの不味さは何だったんだろう。

レンブって、個人的には熱帯の果物が美味しいか不味いかの判定に使える!
と、思っています。かなり暑くないと、レンブって熟さないみたいでして。
味気ない味になるのです。美味しいレンブが食べれる所なら、熱帯性の果物を
食べる価値はあると思います^^

このカフェで、結局・・・雨が止むまで1時間ちょっとマッタリしてました。
コーヒーも美味しかったので、アイスももう一杯頼み。
合計3杯のんでしまい、完全に水腹~(笑)

夕飯までに時間があるので、雨が止み始めた中をホテルにリターン。
取りあえず、地図見てニュータウンへの行き方をチェックしないと(笑)
毎度こんな感じで、何も計画無しにフラフラする我が家。

本来なら、ニュータウンまでは1km以上あるのでタクシーで行きそうな範囲ですが。
「近い!」って怒られそうだし。
日が暮れたら、歩き易そうだし。
砂糖摂取しすぎだから、歩かないと体調崩しそう。
ということで、日が傾くのを待ってニュータウンに歩いて行く事にしましたとさ。

お昼の鳥も、スパイシーさは足りませんでしたが(笑)
かなり美味しかったし、ニュータウンには誰もが知る有名店(中華系)が
あるみたいなので夕飯に過大な期待をしつつ計画を練ったのでした。

続く(笑)

カテゴリー: 旅行, 管理人の日常, 雑談 パーマリンク

イポー散策 (旅行記4) への4件のフィードバック

  1. kei のコメント:

    >砂糖は体を冷やしますから

    そうなんですか、、知りませんでした。
    だから南国の飲み物は甘いんですね~~
    ホワイトコーヒー、甘いけど酸味があって癖になる・・・
    なんとも不思議で、想像できません。^^;

    レンブも初めて聞く果物です。
    色々面白いですね。

    • yuki のコメント:

      >keiさん
      そうなんです、砂糖は体を冷やします。
      だから、冷え性さんは砂糖をやめると治る事があるみたいです(笑)

      南国に行くと、砂糖のたっぷり入った飲み物が美味しいと
      体が感じるのはそのせいなのでしょう。
      日本ではほとんど、砂糖入れない我が家ですらこれですから(^^;

      ホワイトコーヒー。
      私も飲んでみるまでイメージが湧きませんでした。
      不思議な飲み物なんですよ。本当に面白いです。

      レンブは、沖縄では食べられます。
      良く、ご近所にレンブの大木があっていただいていました^^。
      梨みたいな食感ですが、味としては薄い味の梨と林檎を足した感じです。
      是非、機会があればご賞味ください♪

  2. チョコ のコメント:

    オールドタウン、イイですね。私が行ったら一日中、何をすることもなく ぷらぷら 歩き回っていそう。店の軒先にかかっている暖簾?が好きです。いかにもあちらっぽい色彩と模様に惹かれます。

    しかし相変わらず、yukiさん、御写真が素敵です。体育座りをして外の雨を眺めるひとを写した店内の写真は、秀逸ではないかと。その一枚前のコピの写真も素敵。(^^)

    宅急便の車とたわむれている葵君、愛らしいなぁ。

    • yuki のコメント:

      >チョコさん
      こんにちは!
      オールドタウン、そうそうチョコさんなら暑いのは平気でしょうから(笑)
      本当にフラフラと歩き回るのがお勧めだと思います。
      英語も困らなそうだし、行かれてみてはいかがでしょうか。

      店先の暖簾に見える物、実は絨毯なんです(^^;あれ・・・売り物なのかな。
      なぜか、店舗前に掛けてありました。おもしろいですね。

      そして、写真をお褒め戴きありがとうございます。
      あの雨を眺める人物、あまりにも風景にマッチしていてこっそり撮影しました(^^;
      どうせ、堂々と撮影してもスコールの音にかき消されて分かりませんが。ふふふっ。
      東南アジアは、風情のある風景が多くて好きです。
      それを1枚に収めるのを楽しむ旅をしています。
      ダンナ殿が、写真撮る為に立ち止まるのが嫌いなので時々小競り合いになりますが。
      写真はやめられませ~ん(笑)

      葵もお褒め戴きありがとうございます。この子は、ダンボールなら何でもOKらしいです。
      見ていて飽きないです。ありがとうございました!

kei にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA